Home Bio Disc Special Shop Link Press
スーパーエネルギー 今ROCKがヤレルコト!『HELP!』 渋谷大阪徳島石巻横浜
10円コンサート 謝罪会見グランプリ 桑名正博葬儀
MOJOWEST祇園 安岡力也お別れの会 ジョー山中葬儀
DJ Bad Boy Stones x Yuya 『JOHNNY TOO BAD 内田裕也』『内田裕也 俺は最低な奴さ』発売記念!
日比谷公会堂と野外音楽堂の未来を語る会
ジョン・レノン追悼

●東京都知事選
●Street live


あらまし  1991年3月16日、二日後に告示を控えていた東京都知事選に立候補するため、内田裕也は都選管事務局に赴き、事前審査の手続きを行った。 「行動派として尊敬していたアントニオ猪木氏が突然、知事選出馬を取りやめたことがきっかけ」だった。   選挙ポスターは、赤坂プリンスホテルの結婚式場で急遽撮影。一枚づつ直筆のサインを入れた。このポスターは選挙終了後、ファンの手で自主的に回収されてしまった。 政見放送では、冒頭でジョン・レノンの『パワー・トゥー・ザ・ピープル』を歌い、自らの経歴を英語で語った。型破りな政見放送は東京都民の記憶に焼き付き、また録画ビデオは、マニアの手で今なおダビングを繰り返されているという。  選挙演説は、トラックをステージにしての路上ライブ。運良く居合わせた都民は、しばしロックンロールに酔いしれた。 4月7日に行われた投票の結果、内田裕也は54654票を獲得。東京ドームを満員にする数字であった。  1991年春、東京は熱かった。

 



Copyright © 2015 UchidaYuya.com